インフルエンザにおすすめの薬、リレンザ

リレンザの安全性は?

リレンザは、タミフルと並んでインフルエンザに効く薬として広く利用されています。
リレンザは、インフルエンザA型、B型のどちらにも効果的で、ウイルスが遊離して増殖することを阻害する効果があります。
その結果、症状の悪化を防ぎ軽度ですますことが可能となります。
インフルエンザは、体全体と、のどや鼻に症状が現れるのが特徴で、錠剤タイプの薬では、血液を巡って全身に行き渡るのにたいし、リレンザは、容器から噴出される薬を吸引して、のどと肺を通じた呼吸器官から治療していく薬です。
口から吸引する薬ですが、粘膜を通じて鼻の症状にも効果があり、水なしでも吸引することができ、また一度の吸引で治療は終了しますから、タミフルよりも便利な薬として重宝されています。
ただ錠剤タイプに比べると、備蓄されている数が少なく、また吸引する方法の薬ですから、小さな子供には向かないというデメリットがあります。また副作用として呼吸が少し苦しくなるという人もいるため、喘息などの持病を持っている人には向かない治療薬ともいえます。
タミフルと同様に、異常行動や突然おかしな言動をしたという例があり、万が一これからそういった報告例が増えていくようであれば、タミフルのように子供用に分けて薬が作成されていくかもしれません。
またリレンザで多い副作用として、下痢や腹痛、嘔吐などの消化器症状が現れることがあります。
インフルエンザに限らず、下痢や嘔吐があった場合、ウイルスを体外に排出使用とする体の防御反応の結果ともいえますから、無理に下痢や嘔吐を止めると体内にウイルスが残って、病状が悪化する可能性もあるので、できれば、脱水症状に気をつけて、水分を多くとるようにしましょう。

リレンザを服用する時の注意点とは

リレンザはインフルエンザに感染した際に使用される薬で、タミフルと共に良く使用される薬です。
リレンザの最大の特徴は専用の吸入器にブリスターと呼ばれる薬剤が入った円盤状のものをセットし、薬を吸い込む点にあります。
錠剤ではないためリレンザを服用する時には注意点があります。
まず、細かい粉薬のため、小さい子供や高齢者に使用する場合は1回練習をしてから吸い込むようにします。
椅子に深く座り、ゆっくり息を吐き、少し止め、その後思い切り薬を吸い込みます。
途中で咳き込んだり吹き出してしまっても、それは1回分とカウントし、余分に吸わないようにしましょう。
次に、リレンザを使用すると3日ほどでインフルエンザ 症状が軽快してきます。
ですが、途中で薬の使用をやめないようにします。
5日間は使用するようになっているので、必ず期間を守るようにします。
そうしないと、体内のウイルスが再び増殖をはじめ症状が悪化することもあります。
また、リレンザを使用した場合、タミフル同様、異常行動を起こすことがあります。
主に未成年の男子に多く、突然走り出したり飛び降りたりしてしまいます。
これは薬ばかりが原因ではなくインフルエンザによって脳炎になり引き起こされますが、リレンザの影響がないとはいえません。
服用期間中はできるだけ目を離さないようにします。
この他、気管支喘息や気管支が弱い人が服用すると気管支けいれんをおこすこともあります。
呼吸がくるしそうであったり、胸が痛いと訴えたときは気管支けいれんになっている可能性があるのでわ、速やかに医療機関に行くようにします。
リレンザはリラックスして吸い込むことがポイントとなっています。うまく吸うためにも垂直に吸入器を持つなど工夫をします。

リレンザを服用するタイミングと服用期間

インフルエンザの予防と治療のための薬であるリレンザを服用するタイミングと期間はどうなっているのでしょうか。
インフルエンザの治療としてリレンザを服用する場合には、1日2回吸入することになります。1個5mgのブリスターを2個分、一度の吸入で10mgの吸入を朝晩行うのを5日間継続します。
予防薬として使う時には、1個5mgのブリスターを2個分、一度の吸入で10mgの吸入を1日1回10日間継続する方法になります。全く同じ薬を吸入する回数を変えることで、リレンザはインフルエンザの治療薬にも予防薬にもなるのです。
注意点としては、リレンザはインフルエンザウイルスのウイルスを減らすものではなく、ウイルスの増殖を抑えることで症状の悪化を防いだり、インフルエンザの特徴である高熱が出る期間を短縮する効果があるものです。そのため、治療としてリレンザを服用する場合にはインフルエンザウイルスが身体の中で増殖しきってしまうと言われている48時間以内に服用をスタートすることが重要になります。
身体の中でインフルエンザウイルスが増殖しきってしまうと後はその数が自然と減って行くため、リレンザを服用しても効果が見られないためです。
リレンザの特徴として吸入すると1分後にはウイルスの増殖を抑えることが可能になるため、できれば処方されてすぐに吸入を行うようにしましょう。
また、予防薬として服用する場合にもウイルスの増殖予防効果があるのは服用している期間だけとなります。
そのため、どうしても外せない用事があるような場合には、その当日まで吸入をし続けてウイルスが体内に侵入したとしても増殖を抑えて発症しないようにするという服用方法にしましょう。