インフルエンザにおすすめの薬、リレンザ

医薬品のリレンザ使用後、熱が下がってから2日後通学

インフルエンザA型、B型に効果があるのは医薬品のリレンザ(ザナミビル水和物)です。
リレンザは専用の吸入器に粉末状の薬を入れ体内に取り込みます。
1日2回、5日間吸入します。
インフルエンザは鼻やのどからウイルスが取り込まれ、気道で増殖します。
リレンザは粉末を直接気道に届けるため、すぐにウイルスの増加を抑えることができます。
最初の1回目をできるだけ早く吸入することで効果が出やすくなります。
リレンザを病院や調剤薬局で受け取ったら、できるだけ早く吸入するようにしましょう。
できればその場で吸入してください。
水を飲む必要がないのでカプセルや粉末の薬が苦手な子どもでも使用しやすいです。
リレンザは一般的に安全な医薬品ですが、副作用を生じることがあります。
また、吸入薬なので、気管支喘息などの呼吸器に病気がある人は注意が必要です。
頻度は少ないのですが、副作用としては、顔や上半身の紅潮・熱感、皮膚のカユミ、蕁麻疹、口唇や舌・手足の痺れ感
むくみ、吐き気、顔面蒼白、手足が冷たくなる、冷や汗、息苦しさ・胸苦しさ、などがあります。
このような症状が出た場合、すぐに医師に相談して下さい。
また、症状がよくなった場合でも、処方されたリレンザは最後まで使い切りましょう。
インフルエンザは症状がなくなっても、体内にはまだウイルスが残っています。
途中で吸入をやめた場合、再びウイルスが増殖してしまうことがあります。
リレンザだけでなくインフルエンザで処方された薬は医師の指導に従い、最後まで飲み切ってください。
学校などの通学できる基準は、熱が下がってから2日後になります。
学校側が定める登校基準もありますので、医師、先生に相談の上通学するようにしましょう。