インフルエンザにおすすめの薬、リレンザ

小児相手にはリレンザ使用で薬を肺に付着させる

小児といわれる子供は、親の言うことを決してきちんと聞き入れることはありません。何度となく手荒いうがいを教えたとしても、素手で土やゴミなど雑菌の多いものを触ったり、その手を洗わずに指をくわえるといった行動にでます。そのため小児は、ウイルスや細菌、雑菌を口にすることも多く、それだけウイルス感染等のリスクが高いということができます。特に冬は小児の手にインフルエンザウイルスが付着しやすく、インフルエンザの感染リスクが非常に高まります。そのため親は子供を良く監視して、頻繁にアルコールで手先を消毒してあげたり、石鹸で洗うように努めなければいけません。また小児の場合は、迂闊に予防接種を受けることができません。アレルギー反応が出てショック死したり、副作用で熱が出てしまう可能性が高いためです。そこでお勧めなのが、インフルエンザの治療薬であるリレンザを小児の感染対策として用いることです。リレンザはタミフルとは違って粉末状の薬であり、口から吸い込んで肺に薬を充満させインフルエンザの増殖を食い止める治療薬です。こうした特性を活用し、あらかじめ小児の肺にリレンザの粉末薬を肺に充満させ付着させておきます。すると万が一インフルエンザウイルスが肺に侵入してきたとしても、大増殖といったことは見られず、症状も比較的軽く済み快方に向かうようになります。またリレンザは粉末薬で息をするように吸い込むだけで服用できるので、小児でも比較的簡単に薬を服用させることができます。タミフルの錠剤のように飲み込むことが出来ず、服用させるのが難しいといった問題もありません。またリレンザはタミフルの様な異常行動や幻覚、悪夢を見るといった副作用も報告されておらず、小児に安心して用いることができます。