インフルエンザにおすすめの薬、リレンザ

頭痛や喉の違和感が見られたらリレンザで予防投与を

毎年のように日本ではインフルエンザの流行を見ることができます。インフルエンザには香港型、B型など様々なものが存在し、その年によって流行する型が異なります。いずれのインフルエンザであっても、風邪とは違って高熱が出るのが特徴的です。40度近くの高熱のために激しい関節痛なども併発し、生活することが困難になります。また喉の強烈な痛みや、咳、頭痛、下痢、嘔吐、鼻水なども分泌されます。これらは体がウイルスを異物と感知し、白血球が何とかそれらを体外に排出しようとしている証であり、こうした激しい症状が併発します。またインフルエンザは人から人へ感染が拡大するのが問題です。感染が拡大すると学級閉鎖になったり、会社が円滑に回らず経済活動が停滞してしまいます。受験シーズンにこうしたインフルエンザに感染してしまうと取り返しがつかないようになってしまいます。そこでインフルエンザの感染予防を講じることが何よりも大事です。最も有効であるとされるのが予防接種を流行シーズン前に接種しておくことです。10月頃に予防接種を受ければ流行時に抗体ができ、感染の確率が非常に低くなります。また常にマスクをして生活し、喉を潤すように心がけたり、加湿を心がけ室内の湿度管理に努めることも有効であるとされています。しかしこうした感染予防対策を講じても、寝不足が続いたり、ストレスを感じたり、疲れがたまっていると免疫力が落ちてかんせんしやすくなってしまいます。冬の時期に少しでもの喉の違和感を感じたり、倦怠感が酷い場合にはインフルエンザ感染の可能性も視野に入れ、リレンザの予防投与をすることも大事です。リレンザは吸入薬であり、肺に薬を充満させ、侵入してきたインフルエンザの増殖を食い止めることができます。そのためリレンザは感染予防薬としても注目されるようになっています。

リレンザはインフルエンザのせき予防薬としても有効

日本の冬は寒さが非常に厳しい傾向にあります。地域によっては摂氏零度以下になるところも珍しくありません。気温が下がると人体には様々な影響を及ぼすようになります。寒さが厳しいと体温も必然的に下がり、人体の免疫力が低下します。するとウイルスや細菌に感染しやすくなり、風邪や腸炎に感染することもあります。また冬には空気が乾燥し、インフルエンザウイルスが蔓延し感染しやすくなります。インフルエンザに感染すると、肺でウイルスが大増殖を繰り返し、様々な症状が見られるようになります。その症状として代表的なのが、高熱やせき、くしゃみ、鼻水、下痢、嘔吐といったものです。体がウイルスを外に排出しようとして激しい咳が出るのも特徴的です。咳やくしゃみをすると唾液などの飛沫が周囲に飛散するようになります。インフルエンザに感染し、他の人に飛沫感染させないためには、せきを出来るだけ食い止め、肺でのウイルスの増殖を食い止める必要があります。そのためには医療機関を訪れ早急にリレンザやタミフルなどの専門薬を服用することが大事です。リレンザは専用の機器に粉末薬をセットし、薬を吸いこみ肺に薬を充満させ、ウイルスの増殖を食い止めます。リレンザはタミフルのように奇行や異常行動、幻覚、悪夢などの副作用が報告されておらず、安心して薬を服用することができます。そのためタミフルで異常行動や幻覚を見やすいとされる青少年の治療薬として最適と言えます。また副作用が少ないことから、予防薬としてもリレンザは有効であると言われています。高齢者や子供などインフルエンザに感染しやすく重篤化しやすい人の予防薬としても有効であり、せきなどを鎮めるのにも効果が高いとされています。