ビジネスローンの審査に通るには?

ビジネスローンとは、事業用途に使えるための資金を借りることができるものですが、設備投資といったものに使うのではなく主に運転資金の不足分を補うためのつなぎ融資を目的としたものが中心です。

このため消費者金融や銀行のカードローンを事業用に使えるようにしたものといえ、利用者の信用力に対して利用限度額を設定し、その範囲内であればいつでも自由に資金を用立てることができます。一方でデメリットは利便性の高いサービスであるため金利が高いといったことです。ビジネスローンの審査に通るためにはその基準を満たしている場合です。現状ではビジネスローンはスコアリング方式によって審査を行っており、個人や会社の情報を入力した時点で、結果が出るようになっています。

つまりお金を貸し付けたら必ず返してもらえる個人や会社にしか審査に通ることはできません。ただ工夫をすれば審査に通ることは可能です。例えば信用力に見合った借入限度額そのものを引き下げることや、保証人や担保を差し出すといったものがあります。前者の場合には会社の収益に見合ったものですから、妥当な方法ですが、後者の場合には信用力が劣る場合には有益な方法です。

また銀行のビジネスローンよりも、消費者金融系のビジネスローンの方が審査に通りやすい傾向があるので、金利面では不利ですが、後者を選ぶのも方法です。また信用力が低い場合には金利が高いため、あくまでもつなぎ融資として利用することを前提に審査を受けることが通るポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *