インフルエンザにおすすめの薬、リレンザ

医薬品のリレンザ使用後、熱が下がってから2日後通学

インフルエンザA型、B型に効果があるのは医薬品のリレンザ(ザナミビル水和物)です。
リレンザは専用の吸入器に粉末状の薬を入れ体内に取り込みます。
1日2回、5日間吸入します。
インフルエンザは鼻やのどからウイルスが取り込まれ、気道で増殖します。
リレンザは粉末を直接気道に届けるため、すぐにウイルスの増加を抑えることができます。
最初の1回目をできるだけ早く吸入することで効果が出やすくなります。
リレンザを病院や調剤薬局で受け取ったら、できるだけ早く吸入するようにしましょう。
できればその場で吸入してください。
水を飲む必要がないのでカプセルや粉末の薬が苦手な子どもでも使用しやすいです。
リレンザは一般的に安全な医薬品ですが、副作用を生じることがあります。
また、吸入薬なので、気管支喘息などの呼吸器に病気がある人は注意が必要です。
頻度は少ないのですが、副作用としては、顔や上半身の紅潮・熱感、皮膚のカユミ、蕁麻疹、口唇や舌・手足の痺れ感
むくみ、吐き気、顔面蒼白、手足が冷たくなる、冷や汗、息苦しさ・胸苦しさ、などがあります。
このような症状が出た場合、すぐに医師に相談して下さい。
また、症状がよくなった場合でも、処方されたリレンザは最後まで使い切りましょう。
インフルエンザは症状がなくなっても、体内にはまだウイルスが残っています。
途中で吸入をやめた場合、再びウイルスが増殖してしまうことがあります。
リレンザだけでなくインフルエンザで処方された薬は医師の指導に従い、最後まで飲み切ってください。
学校などの通学できる基準は、熱が下がってから2日後になります。
学校側が定める登校基準もありますので、医師、先生に相談の上通学するようにしましょう。

例年流行るインフルエンザにイブプロフェンとリレンザ

インフルエンザは寒い季節である、例年12月~2月ごろに流行するので、この時期に外出するときは必ずマスクを着用し、ウイルスを体内に入れないようにする必要があります。
ウイルスに感染すると、1日~3日の潜伏期間ののちに、いきなり38度以上の高熱が出て、悪寒がしたり、頭痛や筋肉痛、関節痛などの痛みに悩まされるので、発症したら無理はせずに、治るまで安静にしていなければなりません。
インフルエンザは風邪よりも高い熱が出やすいですが、これは高温の熱によってウイルス増殖を抑制したり、免疫機能を高めて、ウイルスを撃退しようとしているためなので、無理に熱を下げない方がよいといわれています。
しかし40度近い高熱が出て、とても眠れないほど苦しくなった場合は、解熱剤を使って下げた方が良いので、市販薬を飲むようにしましょう。
ただし風邪とは違い、インフルエンザの解熱剤は使用できる種類が決まっていて、アセトアミノフェン系か、イブプロフェン系でなければならないので、ドラッグストアで購入するときは、注意して選ぶようにしてください。
アスピリン系は、ライ症候群という脳症を引き起こす可能性があるので、インフルエンザの際は使用しないことが大切です。

インフルエンザは通常、リレンザやタミフルのような治療薬で治すので、体調が悪くなったらまずは病院に行って、診察を受けるようにしましょう。
錠剤のタミフルの方が飲みやすいですが、吸入薬のリレンザの方が、直接気道に作用し、インフルエンザウイルスの増殖を抑えられるので、効果が高いと考えられています。
リレンザは48時間以内に吸入することで、高い効果を発揮する薬なので、高熱で苦しみたくないなら、早めに使うことをおすすめします。

日本脳炎は定期接種!インフルエンザは掃除とリレンザ

日本脳炎は蚊を媒体にして感染する病気で、死亡率が発症者の2割~4割と非常に高く、後遺症が残る確率も回復者の4割~7割と高いので、この病気にならないように気を付ける必要があります。
小さい子供やお年寄りが感染しやすく、危険な病気なので、国内ではワクチンの定期接種が行われています。
3才の際に2回受けて、それから1年程あけてから3回目を受け、さらに9才で4回目の接種を受けなければならないので面倒ですが、お子さんのことを考えるなら、泣いて嫌がっても説得するようにしましょう。
それに対してインフルエンザは変異型のウイルスなので、毎年ワクチンの接種を受けないと予防することが出来ず、定期接種ではなく自主接種なので料金が発生します。
この病気も重症化すると危険なので、小さい子供やお年寄りは受けた方が良いでしょう。

インフルエンザ対策は、予防接種や手洗い、うがい、マスクの他に、掃除も有効だといわれています。
外出先から帰ると、目に見えない埃や塵などを室内に持ち込んでしまうので、そこにインフルエンザウイルスが混ざっているとも限りません。
掃除機をかけたり、雑巾で玄関付近や窓のあたりを拭いたり、晴れた日には玄関マットを干すなどして、常に清潔な状態を保つようにしてください。
そうすると、あらゆる病原菌やウイルスをシャットアウト出来るので、感染の確率を減らせます。
そこまで気を付けていても感染した場合は、発症から48時間以内に抗インフルエンザ薬のリレンザを使うようにしましょう。
吸入薬のリレンザには、インフルエンザの増殖を抑える作用があるので、高熱や筋肉痛、関節痛などの症状を短期間で抑えて、回復に導くことが出来ます。
リレンザはドラッグストアには売っていないので、病院で処方してもらうか、個人輸入代行通販に注文するようにしましょう。

小児相手にはリレンザ使用で薬を肺に付着させる

小児といわれる子供は、親の言うことを決してきちんと聞き入れることはありません。何度となく手荒いうがいを教えたとしても、素手で土やゴミなど雑菌の多いものを触ったり、その手を洗わずに指をくわえるといった行動にでます。そのため小児は、ウイルスや細菌、雑菌を口にすることも多く、それだけウイルス感染等のリスクが高いということができます。特に冬は小児の手にインフルエンザウイルスが付着しやすく、インフルエンザの感染リスクが非常に高まります。そのため親は子供を良く監視して、頻繁にアルコールで手先を消毒してあげたり、石鹸で洗うように努めなければいけません。また小児の場合は、迂闊に予防接種を受けることができません。アレルギー反応が出てショック死したり、副作用で熱が出てしまう可能性が高いためです。そこでお勧めなのが、インフルエンザの治療薬であるリレンザを小児の感染対策として用いることです。リレンザはタミフルとは違って粉末状の薬であり、口から吸い込んで肺に薬を充満させインフルエンザの増殖を食い止める治療薬です。こうした特性を活用し、あらかじめ小児の肺にリレンザの粉末薬を肺に充満させ付着させておきます。すると万が一インフルエンザウイルスが肺に侵入してきたとしても、大増殖といったことは見られず、症状も比較的軽く済み快方に向かうようになります。またリレンザは粉末薬で息をするように吸い込むだけで服用できるので、小児でも比較的簡単に薬を服用させることができます。タミフルの錠剤のように飲み込むことが出来ず、服用させるのが難しいといった問題もありません。またリレンザはタミフルの様な異常行動や幻覚、悪夢を見るといった副作用も報告されておらず、小児に安心して用いることができます。

水痘ワクチンも販売している第一三共の薬とリレンザで

インフルエンザウイルスに直接効果のある医薬品は、ほとんど21世紀に入ってから開発されたもので、現在では主に4種類が使用されています。そのうち最初に発売された吸入薬がリレンザです。リレンザはウイルスを感染した細胞の中に閉じ込め、それ以上増殖できないようにする効果があります。そのため発症してから2日以内に使用すると、症状を抑えることができます。しかし時間が経過してウイルスの数が増えすぎると、十分な効き目が期待できません。
リレンザは粉末状になっていて、鼻から吸い込むことで効果を発揮します。飲み薬に比べると使いづらく、特に喘息や肺疾患のある方は、症状が悪化する恐れもあるので要注意です。しかし患部に直接作用するため、飲み薬よりも副作用が少ないと言われており、妊娠中の方でも使用できます。
第一三共製薬は2010年、リレンザとは別の吸入薬を発売しました。日本で初めて開発された薬で、イナビルと名付けられています。作用機序はリレンザと同じですが、効き目が長続きするのが特徴で、最初に1回だけ吸入すれば終わりです。あらかじめ吸入用のボトルに入っていて、容器は使い捨てです。5日間使い続けなければならないリレンザに比べると、手軽で使い忘れもないというメリットがあります。
これらの薬は予防にも使えますが、効果は服用している間だけしか続きません。シーズンを通してインフルエンザを防ぎたいなら、ワクチンの接種が効果的です。北里第一三共ワクチンはインフルエンザをはじめ、水痘・風疹・破傷風など、数々のワクチンを製造販売しています。高齢者や持病があってインフルエンザが重症化しやすい方は、流行前にワクチンの利用が推奨されます。

頭痛や喉の違和感が見られたらリレンザで予防投与を

毎年のように日本ではインフルエンザの流行を見ることができます。インフルエンザには香港型、B型など様々なものが存在し、その年によって流行する型が異なります。いずれのインフルエンザであっても、風邪とは違って高熱が出るのが特徴的です。40度近くの高熱のために激しい関節痛なども併発し、生活することが困難になります。また喉の強烈な痛みや、咳、頭痛、下痢、嘔吐、鼻水なども分泌されます。これらは体がウイルスを異物と感知し、白血球が何とかそれらを体外に排出しようとしている証であり、こうした激しい症状が併発します。またインフルエンザは人から人へ感染が拡大するのが問題です。感染が拡大すると学級閉鎖になったり、会社が円滑に回らず経済活動が停滞してしまいます。受験シーズンにこうしたインフルエンザに感染してしまうと取り返しがつかないようになってしまいます。そこでインフルエンザの感染予防を講じることが何よりも大事です。最も有効であるとされるのが予防接種を流行シーズン前に接種しておくことです。10月頃に予防接種を受ければ流行時に抗体ができ、感染の確率が非常に低くなります。また常にマスクをして生活し、喉を潤すように心がけたり、加湿を心がけ室内の湿度管理に努めることも有効であるとされています。しかしこうした感染予防対策を講じても、寝不足が続いたり、ストレスを感じたり、疲れがたまっていると免疫力が落ちてかんせんしやすくなってしまいます。冬の時期に少しでもの喉の違和感を感じたり、倦怠感が酷い場合にはインフルエンザ感染の可能性も視野に入れ、リレンザの予防投与をすることも大事です。リレンザは吸入薬であり、肺に薬を充満させ、侵入してきたインフルエンザの増殖を食い止めることができます。そのためリレンザは感染予防薬としても注目されるようになっています。

リレンザはインフルエンザのせき予防薬としても有効

日本の冬は寒さが非常に厳しい傾向にあります。地域によっては摂氏零度以下になるところも珍しくありません。気温が下がると人体には様々な影響を及ぼすようになります。寒さが厳しいと体温も必然的に下がり、人体の免疫力が低下します。するとウイルスや細菌に感染しやすくなり、風邪や腸炎に感染することもあります。また冬には空気が乾燥し、インフルエンザウイルスが蔓延し感染しやすくなります。インフルエンザに感染すると、肺でウイルスが大増殖を繰り返し、様々な症状が見られるようになります。その症状として代表的なのが、高熱やせき、くしゃみ、鼻水、下痢、嘔吐といったものです。体がウイルスを外に排出しようとして激しい咳が出るのも特徴的です。咳やくしゃみをすると唾液などの飛沫が周囲に飛散するようになります。インフルエンザに感染し、他の人に飛沫感染させないためには、せきを出来るだけ食い止め、肺でのウイルスの増殖を食い止める必要があります。そのためには医療機関を訪れ早急にリレンザやタミフルなどの専門薬を服用することが大事です。リレンザは専用の機器に粉末薬をセットし、薬を吸いこみ肺に薬を充満させ、ウイルスの増殖を食い止めます。リレンザはタミフルのように奇行や異常行動、幻覚、悪夢などの副作用が報告されておらず、安心して薬を服用することができます。そのためタミフルで異常行動や幻覚を見やすいとされる青少年の治療薬として最適と言えます。また副作用が少ないことから、予防薬としてもリレンザは有効であると言われています。高齢者や子供などインフルエンザに感染しやすく重篤化しやすい人の予防薬としても有効であり、せきなどを鎮めるのにも効果が高いとされています。